PR

地下水位の高い砂地盤が地震時の振動によって流動しやすくなる現象。埋め立て地のほか、河川や水田の跡地といった地下水位の高い場所で生じやすい。結果、比重の大きい構造物が倒れたり、下水管など比重の軽い構造物が浮き上がったりする。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です