PR

今回は、線形の工夫や道路に新たな構造物を設けることによって道路の安全性を向上する取り組みを取り上げます。国土交通省は2016年4月1日に「凸部、狭窄(きょうさく)部及び屈曲部の設置に関する技術基準」を施行。生活道路の安全対策の新しい動きが、これから加速する見込みです。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い