PR

国土交通省は9月11日、コンセッション方式を導入する仙台空港の優先交渉権者に、東京急行電鉄、前田建設工業、豊田通商などで構成する企業連合を選定したと発表した。マッコーリー・キャピタル・セキュリティーズ・ジャパン・リミテッドがファイナンシャルアドバイザーを務めている。2次審査を受けたのは3グループだった(下の表)。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料