PR

大林組は、山岳トンネルの施工時に路盤の鉛直変位を監視できるインバート変位計を開発した。0.1mm単位で地盤の隆起を把握可能だ。国土交通省九州地方整備局が発注した東九州道椿山トンネル新設工事など2現場に適用し、効果を確認した。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料