PR
[画像のクリックで拡大表示]

19号勝川橋橋梁補強工事(愛知県)
発注者:国土交通省中部地方整備局名古屋国道事務所 受注者:大興建設

 愛知県春日井市を流れる庄内川に架かる国道19号勝川橋。その耐震補強工事の成績評定で、大興建設(愛知県一宮市)は81点を獲得した。この工事を含め、過去2年間に完成した国土交通省中部地方整備局の発注工事6件で平均点が80点以上となり、同社は2015年度の工事成績優秀企業として局長認定を受けた。

耐震補強工事が完了した勝川橋のP4橋脚。本流の中に位置することから大掛かりな仮設が必要となり、厳しい工期での施工が求められた(写真:大興建設)
耐震補強工事が完了した勝川橋のP4橋脚。本流の中に位置することから大掛かりな仮設が必要となり、厳しい工期での施工が求められた(写真:大興建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 勝川橋は、鋼5径間連続箱桁橋。P1橋脚から順に耐震補強工事が発注され、2012年度に最終となるP4橋脚を大興建設が受注した。既存の上下線2本の橋脚に計160本のPC鋼材を貫通させてボルト締めした後、鉄筋コンクリートを上り線は厚さ55cm、下り線は厚さ45cm巻き立てる工事だ。