PR

東京都港区にあったJR東海道本線の車両基地を縮小して生まれた約13haを再開発する。東京の都心でこれほどの面積の再開発は当面、出てこない見通しだ。事業主体のJR東日本は、山手線と京浜東北線の田町―品川駅間2.2kmの線路を移設。中間に新駅を設ける計画を立てている。新駅は2020年の暫定開業を目指す。近隣の都営浅草線泉岳寺駅では、再開発に併せた駅の拡張構想が持ち上がっている。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料