PR

五洋建設は10月5日、ミャンマーのヤンゴン近郊で進めていた「ティラワ経済特区ゾーンA開発工事」について、第1期分が完成し現地で開業式典を開催したと発表。同工事の発注者は、住友商事、三菱商事、丸紅、国際協力機構(JICA)とミャンマー側官民がそれぞれ共同出資で立ち上げたMJTD(Myanmar Japan Thilawa Development)社だ。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料