PR

国土交通省は高齢者の踏切事故を減らすために、立体交差事業と並行して歩道の拡幅やカラー舗装による歩車道の分離などの安全対策を推進する。「高齢者等による踏切事故防止対策検討会」(委員長:古関隆章・東京大学大学院教授)が対策を取りまとめ、10月7日に公表した。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料