PR

東亜建設工業の地盤改良工事を巡る偽装問題で、国土交通省は10月28日、同社の港湾工事2件で新たに施工不良が発覚したことを明らかにした。これまでの不正工事と違い、虚偽報告は確認されていない。国交省は施工不良に気付けなかったことを重く見て、施工管理の在り方を見直す方針だ。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料