PR

鋼鈑桁橋の鉄筋コンクリート(RC)床版には、大型車両の通行や塩害、凍害などが原因で、ひび割れや漏水、遊離石灰の流出、上面の土砂化などが発生する。古い基準で設計されたRC床版の場合、補修・補強をしても損傷の進行を食い止められないケースがある。そこで現在、高速道路会社などは床版の更新を進めている。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い