身近な材料でつくれる模型で、土木技術の仕組みを理解する──。連載パート2の第2回目は、山岳トンネル工事で地山から掛かる「偏圧」がテーマだ。トンネルの上の地形が斜面である場合など、上方からの荷重バランスが偏っている条件では、坑道に対してどのような力が掛かるのか。金属ナットを土の粒子に見立てた模型で実演する。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い