増収増益と減収減益に明暗が分かれ、利益率の低下も見られた2016年決算。他社と差別化するための技術として、3次元データによるCIMの活用に熱い視線が注がれる。勝ち組を目指して、専門分野をまたいだ各社の業務提携が相次ぐ。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料