PR

沖縄県が識名トンネル(那覇市)整備の際に国から不正受給した補助金を返還した事件で、那覇地裁は県に対して7月19日、この工事を担当していた当時の県職員2人に計7178万円の賠償を請求するよう命じる判決を出した。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い