PR

国土交通省は今年の出水期から、国管理の河川内で準備や河道掘削など6つの工種で施工ができるように規制を緩和した。出水期間中の施工を認めることで、工事の平準化を目指す。来年の出水期には矢板護岸なども規制緩和の対象とする考えだ。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い