PR

本線とランプのトンネルを全て開削工法で築く予定だった工事。しかし、出口ランプだけ工法を見直し、地上から掘進した矩形シールド機を地中拡幅した本線トンネルに到達させた。開削工法では土留め壁の施工中、民家前の道路が通れなくなるからだ。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料