PR

八千代エンジニヤリングが手掛けた高架橋の耐震補強設計で誤った解析データを用いるなどのミスがあり、一部の構造で強度不足となっていたことが分かった。この設計に基づく工事の発注の際、同社が自主的に再照査して発見した。既に設計は修正済みで、工事の進捗に影響はない。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い