現実空間の映像に各種の情報を重ねて表示するAR(拡張現実)や、3次元の映像で仮想的な空間をつくり上げるVR(仮想現実)。生産性や安全性の向上のため、建設現場に導入する事例が増えている。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料