PR

大成建設は、トンネルの掘削現場に隣接する供用トンネルで、施工の影響で生じる形状変化を簡易に監視する技術を開発した。掘削箇所から5m程度しか離れていない供用トンネルに適用し、車両の通行を妨げずに常時監視できることを確認済みだ。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料