PR

鹿島は、開削トンネルをリング状に組み上げたプレキャスト・コンクリート部材で構築する「スーパーリング工法」を開発した(図1)。現場打ちでボックスカルバートを造る場合と比べ、現場に必要な人員を約9割削減できる。今年4月をめどに2車線の道路トンネルを想定した実物大の模型実験を三井住友建設と共同で行う。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料