重機の自動化で一歩先んじる鹿島。「A4CSEL(クワッドアクセル)」と呼ぶ技術の開発を加速させようとしている。その旗振り役が、自動化施工推進室長の三浦悟氏だ。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い