PR

 国土交通省は、下水道など汚水処理事業の効率を高めるため、複数の市町村による事業の広域化や共同化を推進する。1月17日に、総務、農林水産、環境の関係3省と連名で、都道府県に対して2022年度までに「広域化・共同化計画」を作成するよう通知。併せて、汚水処理事業の広域化や共同化を促すため、18年度予算で新たな支援事業を立ち上げる。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い