PR

 建設業法では、土木工事などを元請けした会社が計4000万円以上の契約を下請け会社と結ぶ場合、技術的な管理をつかさどる監理技術者を工事現場に配置するよう定めている。技術士と並び、監理技術者となり得る国家資格の1つが一級土木施工管理技士だ。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料