鴻池組とインフォマティクス(川崎市)は、眼鏡のように装着するウエアラブル端末を使ったトンネル維持管理システム「トンネルMR」を開発した。トンネル内を歩きながら周囲を見渡すと、3次元の地質展開図やひび割れ展開図が覆工コンクリートの表面に重なって実寸大で表示。ひび割れの進展や不具合、設計時や施工時の状況が手に取るように把握できる。鴻池組が施工する鳥取西道路の気高第2トンネル工事で効果を確かめた。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料