笹子トンネル事故を機に、非破壊検査の開発が熱を帯び始めた。あと施工アンカーの施工不良が検出可能になるなど、「非破壊」技術は黎明期から成長期に来た。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い