一口に非破壊検査と言っても、対象となる損傷やその範囲は様々だ。表面に出た傷を見落とさないことに特化した技術もあれば、構造物の内部を「見える化」するものもある。ここでは、これからの検査を支える非破壊技術の“得意ワザ”を見ていこう。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料