従来ははつり調査やコア抜きでしか分からなかった劣化状況が非破壊で調べられるようになってきた。塩分や鉄筋腐食などを探る新技術が生まれる一方、既存の検査技術をより分かりやすく改善する動きも。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料