鋼橋の疲労が深刻化するなか、人間の目よりも正確に劣化状況を判断する非破壊技術が登場。赤外線カメラで捉える温度変化で、亀裂や鋼材に働く応力を推定する手法が出てきた。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料