2016年の薬液注入工事の施工不良を受け、ボーリング中心の調査や出来形検査が見直される。高い精度で地盤内を可視化するために、複数の物理探査を組み合わせた技術の開発が民間で進む。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料