PR

 「設計に不備が多い」。いつの時代も多く挙がる現場所長の悩みだ。施工手順を無視した設計や、掘ってみなければ分からない地質条件での設計など、不備の内容は多岐にわたる。所長はその都度、発注者に設計変更を求める交渉のテーブルに着かなければならない。設計変更で工事費が増えれば利益を見込みやすい一方、減額になれば利益確保が難しくなってしまう。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料