PR

 大林組は静岡大学と有人宇宙システム(東京都千代田区)と共同で、宇宙エレベーター構想の肝となるケーブル材として期待される「カーボンナノチューブ(CNT)」を宇宙環境下で2年間さらして、その損傷度を確認した。宇宙では、紫外線や放射線、原子状酸素などの影響を受けるため、CNTにどういう劣化が生じるのかを確認する必要がある。宇宙空間のように各要素が複合的に影響する環境下での評価は初めての試みとなる。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料