PR

 2017年に住友林業との業務・資本提携を発表し、話題を呼んだ熊谷組。18年度からは、新たな中期経営計画がスタートした。これからの3年間で600億円を成長領域に投資するなどして、収益源の多様化に挑む。4月から社長に就任した櫻野泰則氏に、住友林業との協業やESGの課題解決に向けた新規事業の展開について聞いた。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い