PR

 新しい概念を取り入れにくいと言われる公共事業。一方で、国土交通省などがいったん方針を示せば、浸透が早いのも特徴だ。ESGとSDGsはまだ、建設業界ではなじみが薄いかもしれないが、他の業界をはじめ、注目度は増している。ある建設会社の幹部は、「技術提案書などに工事で発生する二酸化炭素の排出量を書かなければならない時代が来るかもしれないと、アナリストに言われた」と明かす。既に考えている建設会社もあるようだ。時代の波に乗り遅れて企業の価値を損失しないよう、準備をするに越したことはない。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)