PR

 熊本地震では地震動による被害だけでなく、山間部を中心に地盤変状の影響を受けた橋梁の損傷が目立った。それを「設計では想定しない現象だから仕方ない」と考えるのはまだ早い。事前の綿密な調査と、設計時の配慮で次なる被害を防げるかもしれない。今も進行中の復旧工事から、教訓と対策を見てみよう。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い