PR

 上場建設会社(舗装会社を除く)の2018年3月期単体決算が出そろった。設計変更に伴う追加工事の獲得などで、土木売上高上位10社のうち、9社で土木事業の完成工事総利益率が前期を上回った。鹿島、大成建設、大林組、清水建設の大手4社は、3社が経常増益になるなど、リニア中央新幹線の建設工事を巡る談合事件の影響は限定的だった。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料