PR

鹿島道路が施工した橋梁の補修・補強工事で、床版下面に付着させた炭素繊維シートが7カ月後に剥離していたことが分かった。発注者の国土交通省中部地方整備局は過失による粗雑工事に該当するとして、同社を6月16日から1カ月間の指名停止にした。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い