PR

東日本大震災後、建設市場が急回復

 民主党政権下の10年度、建設投資は1992年のピークから半減の約42兆円まで落ち込んだ。しかし、11年3月に発生した東日本大震災の後、復旧・復興需要によって建設投資は急回復する。

 さらに、13年1月に東京オリンピック・パラリンピックの2020年開催が決まり、関連工事の受注も重なり、建設会社の業績も回復し、16年度は過去最高益を更新する建設会社も相次いだ。17年度もこの基調は続いている。

完成工事総利益率の推移
完成工事総利益率の推移
全国の主要な建設会社を対象に、2016年4月から17年3月までの間に期末を迎えた決算の内容などについてアンケート調査を実施した
[画像のクリックで拡大表示]

▼関連記事
好機を生かせ 相次ぐ“最高益”(建設会社決算ランキング2017)