PR

国土交通省は2016年度から、予定価格が3億円以上の直轄工事で土工部分の施工にICT(情報通信技術)を全面的に活用する。マシンコントロールなど従来の情報化施工の導入に加えて、三次元データによる納品を実施する。同省が3月30日に発表した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料