PR

国土交通省近畿地方整備局は、5月13日に公告した淀川大橋の床版更新工事の入札で、国交省としては初となる技術提案・交渉方式の「設計交渉・施工タイプ」を適用した。入札参加者からの技術提案に基づいて優先交渉権者を選定し、設計契約を締結する。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い