PR

 西松建設と大林組、大阪ガスの3社は、製造時に排出する二酸化炭素の量を約80%削減できる低炭素コンクリート「ジオポリマーコンクリート」を現場練りで打設する工法を開発し、国内で始めて施工した。

大阪ガス泉北第一工場の敷地内でジオポリマーコンクリートを打設する様子(写真:西松建設)
大阪ガス泉北第一工場の敷地内でジオポリマーコンクリートを打設する様子(写真:西松建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 ジオポリマーコンクリートは、火力発電の副産物であるフライアッシュや、製鉄所で発生する高炉スラグを主な材料とする。産業副産物を有効に活用できるほか、製造時に大量の二酸化炭素を排出するセメントを使わないなど、環境への負荷が小さいのが特徴だ。

 セメントコンクリートに比べてカルシウム分が少ないので、酸で劣化しにくい。耐熱性にも優れ、温泉地域の強酸性地盤や下水道関連施設、製鉄所などの高温環境にも適用が可能だ。

 半面、ジオポリマーコンクリートは材料を混ぜてから固まり始めるまでの時間が短いことや、十分な強度を得るために高温で養生する必要があることなどから、現場での打ち込みが困難だった。これまでの利用は、工場で製造するプレキャスト製品を設置できる現場に限られていた。

 開発した工法では、コンクリートをプラントで製造して施工現場まで運ぶのではなく、現場練り型のミキサーを用いてジオポリマーコンクリートをその場で製造する。

白い袋の中に詰めたプレミックス材をミキサーに投入し、現場でジオポリマーコンクリートを製造する(写真:西松建設)
白い袋の中に詰めたプレミックス材をミキサーに投入し、現場でジオポリマーコンクリートを製造する(写真:西松建設)
[画像のクリックで拡大表示]
ミキサーからジオポリマーコンクリートを排出する様子(写真:西松建設)
ミキサーからジオポリマーコンクリートを排出する様子(写真:西松建設)
[画像のクリックで拡大表示]