PR

吹田操車場跡地を利用した複合再開発も

 さらに、東淀川駅の北を流れる神崎川の対岸では、新たな建設工事が始まっている。東海道線岸辺駅の北側に広がる吹田操車場跡地の一部を活用した新たな計画「北大阪健康医療都市(健都)」だ。

吹田貨物ターミナルを見下ろす。写真右側の基礎工事中の土地が、「北大阪健康医療都市(健都)」の予定地。写真左に岸辺駅がある(写真:大野 雅人)
吹田貨物ターミナルを見下ろす。写真右側の基礎工事中の土地が、「北大阪健康医療都市(健都)」の予定地。写真左に岸辺駅がある(写真:大野 雅人)
[画像のクリックで拡大表示]
2012年の新大阪駅付近。写真上の水面が神崎川、同下が淀川。写真右に阪急京都線・千里線が合流する淡路駅、付近を東西に結ぶ歌島豊里線が見える(写真:国土地理院)
2012年の新大阪駅付近。写真上の水面が神崎川、同下が淀川。写真右に阪急京都線・千里線が合流する淡路駅、付近を東西に結ぶ歌島豊里線が見える(写真:国土地理院)
[画像のクリックで拡大表示]

 このプロジェクトでは、吹田貨物ターミナルに沿って続く長細い土地(22ヘクタール)に、国立循環器病研究センターや、吹田市立吹田市民病院が移設するのに合わせ、駅前複合商業施設、緑のふれあい交流創生ゾーン、健都イノベーションパーク、都市型居住ゾーンなどを整備する。

北大阪健康医療都市(愛称 健都)開発イメージ図(資料:近鉄不動産・大和ハウス工業・名鉄不動産)
北大阪健康医療都市(愛称 健都)開発イメージ図(資料:近鉄不動産・大和ハウス工業・名鉄不動産)
[画像のクリックで拡大表示]
外観完成予想CG(資料:近鉄不動産・大和ハウス工業・名鉄不動産)
外観完成予想CG(資料:近鉄不動産・大和ハウス工業・名鉄不動産)
[画像のクリックで拡大表示]

 都市型居住ゾーンでは、近鉄不動産・大和ハウス工業・名鉄不動産が「(仮称)吹田操車場跡地『健都』マンションプロジェクト」を7月に着手。RC造地上15階建(1工区)、同20階建(2・3工区)のマンションで合計824戸の住戸をつくる。