PR

世田谷区は、小田急電鉄小田原線の連続立体交差事業(代々木上原駅~梅ケ丘駅間)で地下化した線路跡地の利用計画を8月25日に公表した。東北沢駅付近から世田谷代田駅付近まで、地上の線路跡地(延長約1.7km)を自転車や歩行者が利用できる通路でつなぎ、東北沢駅など3駅には駅前広場を整備する。下北沢駅の駅前広場を除き、2019年度末までの完成を目指す。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料