PR

日立製作所は10月14日、大日本土木とのJVでパプアニューギニアの国営企業から同国首都の下水処理インフラ整備を受注したと発表した。受注金額は約133億円で、早ければ11月中旬に着工する。工期は約2年半(900日)の予定だ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料