PR

近隣の反対運動でメガソーラーの規模を縮小せざるを得なくなったとして、事業を手掛ける建設会社が反対住民の一人に損害賠償を求めた訴訟で、長野地方裁判所伊那支部は10月28日、請求を退ける判決を言い渡した。逆に、根拠の無い主張で個人に多額の請求をするのは不当だとして、建設会社に対し住民に約50万円の慰謝料を支払うよう命じた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料