PR

国土交通省は12月8日、インフラ整備の間接的な効果を含む「ストック効果」の評価手法の検討を開始した。同日に開いた学識者らによる専門小委員会(委員長:金本良嗣・政策研究大学院大学特別教授)の初会合では、国交省の提示した論点に対して、誰が評価するかという視点が欠けているとの指摘が出るなど、同省の想定を超えて論点が拡散しそうな様相となった。

この記事は有料会員限定です

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中