PR

落橋防止装置の溶接不良が全国で続出した問題で、国土交通省は12月22日、設置工事の元請け会社に対して、製品の受け入れ前に全ての溶接部で非破壊検査を実施するよう義務付ける再発防止策をまとめた。これまで抽出検査が一般的だったが、桁や橋脚など橋本体並みに検査水準を引き上げる。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い