PR
TREND-COREとTREND-POINTの連携
TREND-COREとTREND-POINTの連携
[画像のクリックで拡大表示]
TREND-CORE
TREND-CORE
[画像のクリックで拡大表示]
TREND-POINT
TREND-POINT
[画像のクリックで拡大表示]

 福井コンピュータは、i-ConstructionとCIMの普段使いをサポートするソリューション「TREND-CORE Ver.4」と「TREND-POINT Ver.5」を発売した。

特徴

■「TREND-CORE」は3次元CADシステム。新たに発注図書に基づいたICT施工モデルや面的出来形管理の設計データ作成に対応した。また、数量算出機能を強化し、三次元モデル体積ならびレイヤー間体積の算出に対応する。

■「TREND-POINT」は3次元点群処理システム。改定されたi-Construction要領案に対応した。今年度から認められたTS(トータルステーション)・/GNSS(全地球測位システム)などのデータ読み込みや電子納品が可能になる。

■お互いの連携を実現し、これからのi-Construction、CIMの普段使いをサポートし、土木施工における3次元化を推進する。

価格

TREND-COREが、60万円(税抜き)

福井コンピュータ
URL http://const.fukuicompu.co.jp
TEL 0776-67-8860