PR
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 東亜利根ボーリングは、地中熱利用における掘削作業向けに低騒音化・自動化技術を搭載した高性能ボーリングマシン「ソニックNEO」を発売した。

特徴

■低騒音化技術開発により、従来機(175馬力)と比較して、エンジン発生騒音を11dB、掘削作業での発生騒音を10dB低減した。

■発生騒音をさらに2dB低減させる消音装置や、ロッドチェンジャー、遠隔操作機能などの組み合わせのカスタマイズが可能だ。

■遠隔操作を含めた自動化により、作業編成人員を2人減らすことができるなど、特に都市部での地中熱利用システムの導入コスト低減につなげられる。

価格

要見積り

東亜利根ボーリング
URL http://www.toa-tone.jp
TEL 03-5775-3939