PR
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 OKI(沖電気工業)は、橋梁など社会インフラにおいて多地点での温度・ひずみのリアルタイム分布測定が可能な「光ファイバーセンサー」評価キットの提供を開始した。

特徴

■独自開発の新技術によって1m間隔で最大10kmの長距離・広範囲な分布測定を可能とした。瞬時の異常検出により、橋梁のひずみ監視など社会インフラの安全に貢献する。

■温度とひずみを1秒未満でリアルタイムに測定し、素早く変化点の特定ができる。

■橋梁のたわみによるふくらみなどで発生するひずみを光ファイバーの伸縮として計測。測定条件にもよるが、1m当たりコンマ数ミリメートルの伸びを検出できる。

価格

トライアル(最大1週間)100万円~、実証実験(最大1カ月)300万円~(いずれも税抜き)

OKI
URL http://www.oki.com/jp

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード