PR

 新年のスタートは1月4日からという読者も少なくないだろう。しかし、スタートしてまだ2日。正月気分が抜けきれず、いまいち仕事に力が入らないという気分の人もいるのではないだろうか。

 そんな、もやっとした頭を少しスッキリさせておこう。2016年に竣工を予定している東京都内の注目プロジェクトをまとめた。大手町、赤坂、六本木、そして、銀座のプロジェクトだ。現場の“今”の様子を、過去に報じた記事とともに紹介する。

大手町に天然温泉宿

 数ある大手町の再開発プロジェクトの中でも異彩を放っているのが、大手町1丁目第3地区再開発(大手町連鎖型都市再生プロジェクト第3次事業)として建設中の「大手町フィナンシャルシティ グランキューブ」だろう。そう、このプロジェクトは、オフィスビルのほか、都会のど真ん中に天然温泉付きの宿泊施設棟を建設するといったことで注目を集めている。

 「大手町温泉」と名付けられたこの源泉は、星野リゾートが運営する旅館「星のや東京」や、同ビルに入居する予定のフィットネス施設に利用する予定だ。設計は三菱地所設計・NTTファシリティーズJV。16年4月の竣工予定だ。

大手町フィナンシャルシティ グランキューブを北西から望む(写真:日経アーキテクチュア)
大手町フィナンシャルシティ グランキューブを北西から望む(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
大手町フィナンシャルシティ グランキューブを南西から望む(写真:日経アーキテクチュア)
大手町フィナンシャルシティ グランキューブを南西から望む(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
日本では素っ裸で温泉に浸かってもらう

目の肥えた訪日外国人はホテル以外の宿泊施設で、日本文化を体験したいと希望している。浴衣や温泉など非日常の空間を提供する日本旅館。各地で旅館を経営する星野リゾートはオフィス街に究極の「和」が体験できる施設をつくっている。星野佳路代表が考える「おもてなし」とは。 [記事を読む

注目のエリア(2)銀座・日本橋・大丸有 商業と業務「両輪の街」へ
大手町1丁目第3地区再開発

老舗の店舗が立ち並ぶ銀座に、大規模な賃貸オフィス。オフィスが集積する大手町には温泉を備えた大規模宿泊施設─。既存ビルが一斉に更新時期を迎えることに加え、新たな公共交通の開通により、街の性格も変わる。 [記事を読む