PR

グーグルなど世界の一流企業が入居決定

 2016年2月26日、現場を訪れたときには4月の完成に向けて内装や外構部分、屋上庭園などの最後の工事が急ピッチで進んでいた。

 建物地上部の外装には、角度によって色が変わる米国製の金属タイルが使われ、斬新なイメージを醸し出していた。

 このビルにはグーグルなどクリエーティブな世界的一流企業が入居することが決まっている。

地上部分の外装材には見る角度によって色が変わる金属タイルが採用された(写真:家入龍太)
[画像のクリックで拡大表示]
地上部分の外装材には見る角度によって色が変わる金属タイルが採用された(写真:家入龍太)
[画像のクリックで拡大表示]
地上部分の外装材には見る角度によって色が変わる金属タイルが採用された(写真:家入龍太)
フロアや1階ロビーの石張り工事(写真:家入龍太)
[画像のクリックで拡大表示]
フロアや1階ロビーの石張り工事(写真:家入龍太)
[画像のクリックで拡大表示]
フロアや1階ロビーの石張り工事(写真:家入龍太)
急ピッチで仕上げが行われる外構や庭園部分(写真:家入龍太)
[画像のクリックで拡大表示]
急ピッチで仕上げが行われる外構や庭園部分(写真:家入龍太)
[画像のクリックで拡大表示]
急ピッチで仕上げが行われる外構や庭園部分(写真:家入龍太)
家入龍太(いえいり・りょうた)
家入龍太(いえいり・りょうた) 1985年、京都大学大学院を修了し日本鋼管(現・JFE)入社。1989年、日経BP社に入社。 日経コンストラクション副編集長やケンプラッツ初代編集長などを務め、2010年、フリーランスの建設ITジャーナリストに。 IT活用による建設産業の成長戦略を追求している。 公式ブログ「建設ITワールド」を運営。 著書に「CIMが2時間でわかる本」(日経BP社)、「図解入門 よくわかるBIMの基本と仕組み」(秀和システム)など。